株主の皆さまには、平素より格別のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

 

 当社第13期(2018年1月1日から2018年12月31日まで)の国内化粧品市場は、訪日観光客のインバウンド消費が年間を通じて堅調に推移しましたが、中国における電子商取引法施行の影響が見られ、足元の伸長は鈍化傾向にあります。なお、インバウンド消費を除く市場規模は縮小していると推察されます。海外化粧品市場においては、中国を中心に、アジアでは堅調に成長し、緩やかな拡大傾向が続いております。


 このような市場環境のもと、2017年からスタートした4ヶ年中期経営計画(2017年から2020年)に基づき、国内のさらなる収益性向上と海外事業での黒字化、次世代の成長ブランド創出を達成すべく、取り組みを進めてまいりました。9月には、新たにAmplitude、ITRIM、FIVEISM×THREEの3つのブランドを立ち上げ、ブランドポートフォリオを拡充しました。グループの次なる成長ドライバーとして期待しています。


 2019年、ポーラは創業90周年を迎えます。国内では、ブランドの認知向上に伴い拡大した顧客基盤をさらに強固なものとし、また、グローバル市場においても、中国を中心に出店を加速し、ブランドプレゼンスを高めてまいります。当社グループは2020年長期ビジョン「高収益グローバル企業」の実現と、さらなる飛躍に向けて、グループ一丸となって取り組んでまいります。
 

株主の皆さまにおかれましては、今後も末永く当社グループへのご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

 

2019年3月
代表取締役社長
鈴木 郷史